わたしの家族

クリスマスイブ。。。♪

クリスマスの絵本や映画は、ほっこりと心が温まるものが多いですね。この季節、毎年のように観る『ホーム・アローン』…。公開されてから、もう30年ちかくになりますが、色あせず大好きな映画です。 家族との繋がり、人との繋がり…。ストーリーはしっかり頭に…

「お風呂、ひとりで入る」宣言

「今日から、ひとりでお風呂に入る!」 息子がそう宣言したのは、小学校の3年生ぐらいだったと思います。その日までは、たいがい二人の妹とわたしと4人で入っていたのです。子どもたちが小さい頃は、ダンナは仕事が忙しく、子どもたちと過ごす時間がほとんど…

おみやげ

次女は、おみやげが好きです。 もらう方じゃなく、あげる方。 主に、わたしへのおみやげなのですが……。 この間も、仕事から帰ってくるなり 「おかあさん、おみやげがあるよ」と嬉しそう。 いつもは、「おなかすいた」が先なのに。 「可愛いの、見つけたから…

カフェご飯ごっこ

ひと昔くらい前の料理本は、材料や調理手順の手引きが主だったように思います。それが当たり前で、基本を確認するにも新しい料理に挑戦するにも不満もなければ十分に活用できる価値があるものでした。 栄養が摂れ美味しければそれでよかったのです。 最近は…

注射は、はじめてですか?

夕べ、長女と次女と3人で、お喋りを楽しんでいた時のことです。何の話の流れだったのか注射の話になったのです。予防接種でも採血でもいいのですが、看護師さんやお医者さんに注射針をさされるところを直視できるかどうかの話になったのです。そう、自分の腕…

穴あきジーンズ

結婚する前のわたしは、特にミニスカートが好きでスカートばかりはいていましたが、結婚をして子どもが生まれてからは、スカートをはかなくなりました。それがずっと30年も続いていて、今、持っているスカートと呼べるものは、フォーマルのワンピース1着と、…

ついでに氷を持ってきて

エアコンで涼しく冷やされたリビングと同じ空間に、わが家のキッチンはあります。カウンターで仕切ってあるだけです。なので快適に料理ができてもいいのですが火を使えばやはり暑く、献立に揚げ物があると額に汗がにじみます。近頃は軽い体調不良をひきずっ…

いい「おとうさん」になる!

今週のお題「おとうさん」 わが家の娘たちは、おとうさんが大好きです。(ダンナのことです) ダンナが「肩こったぁ~」と言えば、肩をたたいてもみほぐし 「腰が痛い」と言えば、腰をもみます。 足の裏だって、汗ばんでいようが臭かろうが 少しも嫌がらずに…

原稿用紙一枚のラブレター(400文字厳守)

今週のお題「あの人へラブレター」 「あの人へのラブレター」……ちょと意味深げなタイトルですね。 あの人って……。 一瞬考えて、つかの間、結婚前の時間にひたってしまいました。 いえいえ、そこは、ダンナですよね。 清く正しい妻は、ちゃんと思考の軌道修正…

「瓶ビールの栓のあけかた」が、わからない事件

「加藤さん、事件です」…日本テレビ『スッキリ』の阿部祐二レポーターがニュース切り出しのときに言うセリフです。。。が、今日の記事に日本テレビも阿部レポーターも何の関係もありません。ただ、どうでもいいようなことを「事件」に見立てみようと思いつい…

「おかあさん」

今週のお題「おかあさん」 「おかあさん」。。。次女は、時々この一行だけのLineを送ってきます。(Iphoneの前はメールで)いちばん最初にこのメールが届いた時は、何があったのかと不安になりました。心配性のわたしは何か事件にでも巻き込まれ、助けを求め…

歯医者が怖くて正露丸⁉

わたしの夫は…と書き出していたのですが、「虫歯と正露丸」の記事にしっくりこない気がするので、普段どおり、わたしの口に馴染んでいる「ダンナ」で書き進めたいと思います。そもそも夫なんて、めったにお目にかからない書類の続柄に記入するときに使うくら…

「ただいま」の声を聞けて「おかえり」が言えること

ひとりで暮らしている長女の話です。去年の夏に大阪へ戻ってきてからは、ちょくちょくわが家に帰ってくるようになりました。長女いわく「食費の節約のため」……らしいのですが、家族みなで喜んでいます。東京で働いていたころは、交通費がかかるのでめったに…

朝寝坊した日の珈琲ばなし

子育て3人、真っただ中だった頃の話です。ある日、寝坊をしてしまったわたしは、何度も時計に目をやる落ち着きのない朝を過ごしていました。2歳の長女には、とりあえず朝食を用意してやるだけでいいのですが、息子は幼稚園に送り出さなければなりません。そ…

わが家のキットカット・ありきたりな「ゲン担ぎ」なんですが…。

今週のお題「ゲン担ぎ」 今週のお題は「ゲン担ぎ」…。久ぶりにお題を書いてみたいと思います。 わが家でゲンを担いだものと言えば、ネスレ日本から売り出されているキットカットです。息子と娘ふたりの受験の際には、キットカットの「きっと勝つ」の語呂合わ…

美容師さんのこと第2弾・春風さんの魔法

主人は、仕事。長男は、幼稚園。娘ふたりとわたしの3人だけの昼下がり。お昼ごはんを食べたその後に事件は起こりました。 わたしは、食器を洗いながらカウンター越しにテレビを観ていました。わが家のキッチンのシンクと調理台は、カウンターを挟んでリビン…

春風みたいな美容師さんのこと

長女が3歳で、次女が1歳頃のことです。 ある日の日曜日、わたしは美容院の予約を入れていました。両親も離れて住んでおり、主人の両親はさらに遠くに住んでいて、気軽に子どもを預けられるところがありませんでした。それで主人が休みの日曜日に美容院へ行く…

忘れられない「ありがとう」

この記事は、きのう書いた【しあわせな言葉の「ありがとう」】につながっている記事です。わたしが「ありがとう」と、言ってもらって感動したエピソードです。 義母が言ってくれた「ありがとう」 平成27年の1月、義母から次女に成人祝いが届きました。 次女…

しあわせな言葉の「ありがとう」

「ありがとう」は普段使いの言葉です。老若男女はもちろんのこと、小さな子どもだって「ありがとう」の言葉を知っています。「ありがとう」は、言ったときも言ってもらったときも、しあわせな気分にしてくれる言葉です。 そんな「ありがとう」の言葉について…

段ボール箱の中の子ねこたち

子ねこをだいて帰ってきた もう十数年も前のことです。 お友だちと公園で遊んでいた次女が 子ねこをだいて帰ってきました。 「うちで、飼っちゃダメ?」 必死のまなざしで、うったえてきました。 真っ黒な子ねこです。 ぬいぐるみみたいに可愛くて わたしの…

ダンナの還暦に【老い】を考えてみる

先月、主人は還暦を迎えました。 日ごろから、「ああ、歳やなぁ~」とか 「もう、あちこちにガタがきたなぁ~」と、 おじいちゃんみたいなことを口にしています。 60歳なんて、まだまだ若いと思っているわたしは、 そんな主人の言葉が不満です。 もう少しは…

混み合う電車の「どうぞ」の座席

先日のこと。母は電車で座席をゆずってもらいました。遠出した帰りの出来事です。夕方の時間帯だったので、車内は混んでいたそうです。 「髪が真っ白だから、おばあさんに見えたんやね」と、電話の向こうで母は、まるで他人事のように笑いました。 母は、定…

「子ねこを3匹うちの子にする」は、却下です

ほろ酔い気分で寂しさほろり 我が家の3人の子どもたちは、みな成人しています。 長男、28歳。 長女、もうすぐ25歳。 次女、23歳になりたて。 ひとり暮らしをしている子もいれば、 まだ、わたしにお弁当を作らせている子もいます。 それでも、もう、子どもた…

ご訪問ありがとうございました。。。♪