Pagoの部屋

ようこそPagoの部屋へ。管理人は、とっくに3人の子育てを終えたアラフィフ主婦です。大好きな絵本や食べること、そして心に沁みたことなどを記事にして綴っています。

干しシイタケを【日なたぼっこ】させましょう

12月もいよいよ終わりに近づき、慌ただしさが増してきましたね。

 

スーパーマーケットでもお節料理に使う食材が、どんどんとスペースを陣取るようになってきました。そんな食材の中から干しシイタケを取り上げて記事を書こうと思います。

 

干しシイタケを天日干しすると何故いいのか

f:id:green888:20171221084307p:plain

 

スーパーマーケットで、比較的安く売られている干しシイタケは、電気で熱風乾燥させたものがほとんどです。そのため体内でビタミンDと同じ働きをするエルゴステリンをいう成分があまり含まれていません。

 

ところが、天気のいい日に天日干しをするとビタミンDの成分が増えるのです。ちょっとした手間ですが、同じ食べるなら栄養効果が高い方がお得?ですよね。やり方は簡単。平ざるに並べ、ざるをドームのようにかぶせるだけ。風などの心配があれば、かぶせたざるに重しを乗せて下さい。

 

干し時間は2~3時間。急に干しシイタケを使うことになっても、たとえ30分でもビタミンDは増えるので、ぜひ日なたぼっこをさせて下さい。それから天日干しした干しシイタケは、できるだけ早く食べることが理想です。何故かというと、1ヶ月でビタミンDが半減してしまうからです。

 

物干しざおに吊るすことができる干し野菜用のネットもお手頃な値段で売られています。シイタケ以外にも干し野菜に関心があるのなら、ひとつ持っていれば便利ですよ。それにしてもお日さまって、ありがたいですね。

ビタミンDの働き

ビタミンDの働きとしてよく知られているのは、カルシウムとリンの吸収を手伝って骨を丈夫にすることです。成長期のお子さんだけでなく骨粗鬆症の予防と改善に効果のある栄養成分です。

 

ビタミンDに限らず干しシイタケは、小さなお子さんから年配者まで必要な栄養成分を豊富に含んでいます。その他の栄養成分や効果については、また別の記事で書けたらと思います。

 

シイタケの乾燥方法は大きく分けて3つあります

シイタケの乾燥方法について次のようなサイトを見つけましたので関心のある方はご覧くださいね。

sugimoto.co

 

シイタケは乾燥させることにより、美味しさだけでなく栄養価も何倍にも増えます。水分の多いシイタケを日持ちさせるために干しシイタケにする作業は、200年以上前から行われていたんですね。ほんとうに素晴らしい知恵だと思います。

解熱効果もある干しシイタケの戻し汁

干しシイタケのビタミンD以外の栄養成分や効果については、またの記事でと述べましたが、少しだけ書きますね。風邪の流行るこの時期に、少しでもお役に立てればと思います。

 

それでは、さっそく…。

 

干しシイタケの煮汁には解熱効果があります。風邪などで発熱したけれど、できるだけ薬を使いたくない方や薬の服用ができないときに試してみて下さい。

干ししいたけ5~6枚に300~500㎖の水を加え、弱火で半量になるまで煎じて飲むと、解熱効果があります。(P71)

  参考文献:『病気にならない人の食べる薬の本』永岡書籍/監修:板倉広重/料理:検見崎聡美

 

わたしのおススメ【きのこのポタージュスープ】

わたしは、干しシイタケを和食にも中華料理や韓国料理にも使います。だけど、干しシイタケの食感や見た目が苦手だという声もときどき聞きます。そこで、ポタージュなら干しシイタケが苦手でも美味しく食べることができるのではと思い紹介させていただきます。

 

  • 干しシイタケを前日から水につけ冷蔵庫でゆっくりもどしておく。
  • 厚手の鍋にバターを溶かしスライスした玉ねぎを炒める。
  • 玉ねぎがあめ色になったらスライスした干しシイタケとつけ汁を加える。
  • 水を少し足し冷凍しておいたシメジ、エノキ、舞茸などの他のきのこも加える。(冷凍キノコは旨味が増す。数種類のきのこを使うことで味に深みがでる)
  • コンソメを入れて、しばらく煮込む。
  • ブレンダーかミキサー(冷ましてから)でなめらかにする。
  • 牛乳を加え塩コショウで味をととのえる。
  • 仕上げに生クリームを少量たらしてパセリを散らせる。

 

分量は、作る量や冷蔵庫などにある食材で自由に加減して下さい。玉ねぎがなければ、白ネギでも美味しくできます。(青い部分もすべて使って下さい)とろみをつけるための小麦粉は使用していませんが、お好みで玉ねぎを炒めるときに加えて下さい。

 

元気な時も美味しいですが病中病後にも身体にやさしいポタージュです。

 

※栄養効果の大きいシイタケですが、食物繊維量も多いので大量摂取はお腹がゆるくなる原因となりますので、食べすぎには気をつけて下さいね。