ようこそPagoの部屋へ。 アラフィフ主婦の雑記ブログです。。。♫

【どこでもドア】があるといいのにね

f:id:green888:20180207081721p:plain

「あした、天気になるといいね」のような感覚で、「どこでもドアがあるといいのにね」なんて、家族で会話をすることがあります。どこでもドアは、アニメ『ドラえもん』の小道具であるどこでもドアのことです。(説明、いりませんでしたよね…はい)

 

どこでもドアがあるといいのにね」と口にするのは……。

 

  • 夜になって返却日が今日までのDVDに気づいたとき
  • 読みたい本があって、すぐにも図書館へ行きたいとき
  • ストックしていたつもりのケチャップを切らしていたとき
  • 乗る予定の電車に乗り遅れそうなとき
  • 悪天候なのに出かけなければならないとき
 
などなどです。好きなだけ言っていいのなら、もっともっとあるのですが、わがままはいけませんから、これくらいにしておきましょう。だけど、上に書いたようなことは、ただの管理不足とわたしの怠慢です。
 
きっとドラえもんも、わたしにどこでもドアを貸してはくれないでしょう。
 
  • ひとり暮らしをしている娘に夕食を運んでやりたいと思うとき

 

なら、どうでしょう。いやいや、これも、だめですね。帰ってきたときに好きなものやごちそうを作ってやりましょう。パートが休みの日にわたしが出向き、作り置きをすることもできるのですから。

 

  • 離れて暮らす義母や、わたしの両親が急に体調をくずしたとき
 
これは、ほとんど切実な願いになっちゃいますね。年々、それぞれが年を重ねていくごとに、そう思うことが増えました。体調をくずしていなくても義母や両親の気がかりはたくさんです。
 
ひとつだけでいいからと、どこでもドアの必要性をしぼってみてもどこでもドアを持っているのはドラえもんだけ。はじめに「あした、天気になるといいのにね」のような感覚で、「どこでもドアがあるといいのにね」を口にすると書きましたが、ありえない話でしたね。
 
ドラえもんは、どこにも居ませんしどこでもドアもどこにもないのですから。
 
そう、わかってはいるのですが「どこでもドアがあるといいのにね」って、ついつい軽い口調で言ってしまうのです。
 
 
 
 
 
ご訪問ありがとうございました。。。♪