Pagoの部屋

ようこそPagoの部屋へ。管理人は、とっくに3人の子育てを終えたアラフィフ主婦です。大好きな絵本や食べること、そして心に沁みたことなどを記事にして綴っています。

わたしがブログを始めた理由

f:id:green888:20180216224524j:plain

ブログを立ち上げて初投稿をしたのが4ヶ月前。ずいぶんと経ちましたが『Pagoの部屋』は未だに 零細ブログ、訪問者数の少ないブログです。それでも覗いて下さる方のおかげで、☆をつけて下さる方のおかげで、この82番目の記事まで灯りをともしてくることができました。

 

本当に、ありがとうございます。

 

このような記事は、50番目だとか100番目だとか、区切りのいいところで書くものですが、中途半端な82番目でも悪くないよねと、この記事を書いています。これまで書いてきた記事ですが、自分で読み返しても削除してしまいたい記事がほとんどです。だけど、もし、どれかひとつでも誰かの小さな元気に役立てたのだとしたら嬉しいです。

 

わたしがブログを立ち上げた理由は、アフィリエイトをやってみようと思い立ったからです。ASPに登録するためのブログ記事が必要だったからなのです。なので申請に必要な10記事ほどを書いたら、『Pagoの部屋』は閉鎖するつもりでした。

 

大きな収入を望んでいたわけではありません。7つ年上の夫が還暦を迎える少し前、去年の秋のこと。老後のことを考える機会が増えていた頃でした。長い間、家族のために働いてきてくれた夫も、これからは好きなことや楽をしてほしいなと思ったのです。

 

「初心者でも大丈夫」「HTML、CSSなどの専門知識は一切不要」と書いてあるアフィリエイトのテキストを読んでいると、わたしにもできるかな…なんて夢をみてしまいました。近い将来に貰う年金にプラスできる小さなゆとりを稼げるんじゃないかと思えたのです。

 

現在パートで週に数日働いていますが、いずれは辞めます。ゆっくりとした進行ですが、わたしは生まれながらの進行性の病気をかかえています。命を脅かすようなものではないのですが、10年先には外へ働きに出ることは困難になってくると思います。今の時代なら、還暦を過ぎてもはつらつと外で働いている方は多くいます。そのひとりでいられる自信がないのです。だから、在宅でできる仕事に心が動いたのです。

 

でも、わたしは、アフィリエイトやネットビジネスに不向きでした。ノウハウを知るためにテキストを買ったり、ネット上での教材も買ったりしました。けれど、それらの教材は、わたしには、とっては猫に小判…。役に立たないものになってしまったのです。わたしにとっては、です。それらのテキストやネット教材を役立てられる人は、たくさん居ると思います。

 

最初は、ふむふむとテキストやネット教材を読んでいたのですが途中から、書いてあることや実行すべきことが、気持ちにも頭にも入ってこなくなってしまったのです。収入を得るための手段や方法も、思っていたこと望んでいたことと違ったなぁと、どんどん気持ちが下降してしまったのです。そして何も始めていないまま途中下車をしてしまいました。挫折…ですね。

 

安くはないお金を使って、たくさんの時間を使って、バカだったなぁとも思いますが、悪いことばかりではありません。アフィリエイトを目指さなければ、ブログとの出会いがなかったでしょう。ガラパゴスのPagoことわたしは、SNSとは全く縁のない暮らしをしていたのですから。

 

様々な年代の方のブログにおじゃまするようになって、それまでに感じたことのなかった風を感じました。共感したり、発見があったり、知らなかったことを知ったり、笑わせてもらったり…。もちろん、そのようなことはリアルな日常にもあるのですが、わたしの中で何かが深まりました。何かが広がりました。

 

記事を書くことについては、今だに何を書こうかと思考も指も動かないことが、しばしばあります。いっそのことブログもやめてしまおうかと考えたりもしました。けれど、きっかけはどうであれ、せっかく乗車したブログという列車です。切符は 、はてなブログproと独自ドメインの2年分。もうしばらくは、乗車していようと思い直しました。

 

 アフィリエイトやネットビジネスを断念してから、PV 数の少なさも気にならなくなりました。もちろんゼロだとモチベーションは下がるのでしょうが…。まあ、そんな日があってもいいかなとも思えるようにもなりました。

 

他人に見られてもかまわない日記、ブログを書くことで、自分自身を客観的に見つめたり心の中の整理をしやすくなりました。ブログを始めたことで得た収穫です。これからもご縁で出会ったブログにおじゃましたり、自分のブログを続けながら、心を潤わせる時間の一部にしたいと思います。。。

 

 

 

 

 

 

 

---追伸---

次回の記事からは、心機一転。テーマのリニューアルを考えています。