ようこそPagoの部屋へ。 アラフィフ主婦の雑記ブログです。。。♫

気になっていた【ガム】その中身は?

わたしが、よく行く店のレジ横にガムのコーナーがあるんです。レジを待っている間に、「あ、ガム、買っておこう」と思い付きでカゴに入れるときには便利です。で、この間から気になっていたガムがありました。☟これです!!!

ロッテ 歯につきにくいガム板(記憶力を維持するタイプ) 9枚×15個

「ガムで記憶力を維持するって、どういうこと?」

「え、なになに、中高年向けのガムなんかあるの?」……。

 

そんな風に気になってはいたのですが、ちらりと目をやるだけで手に取ってみることはしませんでした。普段、ガムを噛む習慣もないし、税抜きで128円もするし、これを買うなら飴の方がいいかな、飴の方が好きだし…と買い渋っていたのです。

 

でも、きょうはぽかぽか陽気で気分が良かったんです。お昼前でお腹はすいていましたが、気分は太っ腹でした。「よし、買うぞ!」気合を入れるほどのことでありませんが、何故か気合を入れました。ガムごときにです。

 

家に帰ってワクワクしながら封を開けました。どんなガムが入っているのかしら?期待で胸は大きく膨らんでいました。(大げさに表現すれば…です)

 

封を開けると板状のガムが9枚はいっていました。とっても普通です。この段階で、もう膨らんでいた胸はしぼみはじめました。耳をすませば、シューと空気の抜ける小さな音が聞こえたかもしれません。

 

ごくごく普通の包み紙の表に図形が並んでいて「よく見て覚えてください」と書いてありました。「ああ、なんだ。そういうことね」…。もう裏を見るまでもありません。はい、裏返しました。期待を裏切らず、やっぱりありました。「一番左の形は?」と問題が…。

 

 

 

えっ…形?

 

 

 

うっ……。

 

答えられませんでした。「なんだ。そういうことね」と、なめてかかりながらも覚えたはずの6つの図形。答えられたのは色だけでした。形も脳に記憶したはずなのに思い出せませんでした。

 

 

ホントになめてはいけません。飴ではありません。ガムです。。。よく噛まなければなりません。そして、わたしには脳トレが必要なようです。

 

さて、ガムの外包みには以下の説明書きがありました。読むことができたのは家に戻ってからです。老眼鏡が必要な小さな字ですからね。ダイソーで買った老眼鏡ですが、なかなか役に立ちます。。。このところホントお世話になっています。

本品にはイチョウ葉フラボノイド配糖体及びイチョウ葉テルペンラクトンが含まれます。イチョウ葉フラボノイド配糖体及びイチョウ葉テルペンラクトンは、中高年の方の、認知機能の一部である記憶力(言葉や図形などを覚え、思い出す能力)を維持することが報告されています。 ……続く

 

なるほど、パッケージに赤字で書かれている機能性表示食品の説明ですね。くわしいことは、この下のサイトでどうぞ。関心のある方は覗いてみて下さい。わたしはTVで見たことがないのですが、このガムのCM映像もふたつあります。こういうこと「ある、ある」の短いCMですが、くすっと笑えます。

 

 

さてさて、ひと時でしたが、どんなガムが入っているのかと期待を膨らませて楽しむことができました。ガムひとつでもワクワクすることができるのです。世の中、目と耳をこらせば、もっともっと、ワクワク楽しめることがあふれているのでしょうね。

 

そうそう、ちゃんと読めば商品名の下に「言葉や図形などを覚え、思い出す能力を指す」と書いてありました。買うときも気づきませんでしたが…。ちゃんと中身の紹介はされていたんですね。

 

と、「記憶力を維持する」ガムを噛みながら、この記事を書きました。ちょっと、記憶力が良くなったかもしれません。。。かも…です。

ご訪問ありがとうございました。。。♪