ようこそPagoの部屋へ。 アラフィフ主婦の雑記ブログです。。。♫

鳥がとまる不思議な桜の木

友だちから届いたLineに写真が一枚添付されていました。まだ蕾の堅い桜の木に数羽の鳥がとまっている写真です。20数本並ぶ桜並木なのに、同じ1本の木だけに、毎日鳥がとまっていることに、彼女は不思議を感じたのです。

 

「なんで、あの木だけなんだろうと毎日見ています。あの木には、どんな魅力があるのかな?」

 

彼女の言葉です。

 

写真は薄曇りの日だったのか桜も鳥も白黒のシルエットのように写っています。いつものようにiPhoneで撮ったのでしょう、画像も少しぼやけています。雀よりは少し大きく見えるのですが、鳥の種類はわかりません。

 

雀やムクドリなどの小さな鳥たちには集団になって、一つの場所を塒(ねぐら)にする習性があるようです。(少しだけ調べてみました)けれど、彼女が送ってくれた写真には数羽の鳥。この集団塒とは、違うように思えます。

 

理由はわかりませんが、本当に、20本以上ある木の中から同じ1本を選び、毎日、鳥がとまるなんて不思議です。木は、みな同じに見えて、それぞれが違う命の色を持っているのでしょうか…。癒しの色だったり、温もりの色だったり……。

 

「あの木には、どんな魅力があるのかな?」

 

たぶん、いえ、きっと、考えても人間には、わからないことなのでしょうね。。。

 

ステージ3の乳癌と闘っている彼女。澄んだ心に映っている春間近の風景。

 

「ホント、不思議だね」と返信したあとに、来年も、再来年も、ずっとずっと、彼女と鳥がとまる不思議な桜の木の話をするぞと、ひとり何度もうなずきました。

 

 

 

 

ご訪問ありがとうございました。。。♪