Pagoの部屋

ようこそPagoの部屋へ。管理人は、とっくに3人の子育てを終えたアラフィフ主婦です。大好きな絵本や食べること、そして心に沁みたことなどを記事にして綴っています。

4月・わたしのおススメの映画

今日、大阪の日中は汗ばむほどのいいお天気でした。職場の窓越しに見える桜は早くも満開のときを終えようと、やわらかな風に惜しみなく花びらを吹雪かせていました。わたしの仕事は、この時期が一番の繁忙期でシフトに入る時間だけでなく仕事量もぐんと増えます。なので、夏バテの時期よりも今の方がへろへろになっています。好きな本も2~3ページ読めば睡魔に襲われ、眠りに沈み込んでいます。また、TVやDVDを観ていてもすぐにうとうとしてしまいます。はっと気が付けば夜だけが更けてDVDは、ラストシーンを映している次第です。

 

昨夜は、4月1日だったのでDVDで『エイプリルフールズ』を観ようと思っていたのですが、パートと家事だけでぐったりしてしまい、早寝をしてしまいました。大好きな作品なのですが、明後日の休みの日に鑑賞しようと楽しみを伸ばしました。

 


エイプリルフールズ

 

この映画は2015年に公開された日本映画です。たくさんの嘘が絡みあい大騒動となるコミカルでハラハラドキドキするストーリーです。先の読めない展開で、ほろりと涙がこぼれるラストシーンまで目が離せません。この映画をご存知ない方にも、是非におススメしたい作品です。人間っていいな…。素敵な嘘もあるな…。きっと、そんな感動が心に残ります。

 

そして、今、おススメしたい旬の映画と言えば『リメンバーミー』です。わたしは、先週に観てきました。封切になるのを楽しみに待っていた映画です。仕事続きのやっとの休み、予想はしていましたが上映が始まって間もなく睡魔は訪れました。でも、ポップコーンを食べながら睡魔を追い払いましたよ。何度かは、目を閉じてしまいましたが、眠りはしなかったつもりです。たぶん…です。

 

この映画は、予告からも想定できると思いますが、感動が涙腺に届くストーリーでした。ラストには、心があたたかくなり、わたしの頬に涙のすじがはりついていました。繋がっていく命のぬくもりに感謝できる映画です。ストーリーもいいのですが、DVDになるのを待つのではなく、映画館の大きなスクリーンで映像の美しさを堪能してほしい、おススメの映画です。

 


映画『リメンバー・ミー』日本版予告編