Pagoの部屋

ようこそPagoの部屋へ。管理人は、とっくに3人の子育てを終えたアラフィフ主婦です。大好きな絵本や食べること、そして心に沁みたことなどを記事にして綴っています。

久しぶりのブログ記事

今日は9日だと言うのに、4月はこの記事でやっと3記事目。5日のご無沙汰となりました。書かない日が続くと、もう、このままでいいかな。このまま止めてしまおうかな…と、ふと思ったりもしました。これといって誰かの役に立つような情報を発信しているわけでもないのに、わたしがブログを続ける意味って何だろうと考えてしまったり。。。何かと雑事に追われていたせいでもありますが、書きたいことが何一つ浮かばず、パソコンを開くこと自体がおっくうな数日でした。

 

おっくうだと言っても、わたしが、読者登録している方たちのブログにお邪魔することは、楽しくはあったんですよ。ただ書くことの気力が萎えていたんです。そこで、過去記事の『わたしがブログを始めた理由』を読み返してみました。そして、ああ、そうだったと、うなずきなおしたんです。たくさんではないけれど、このPagoの部屋を覗いて下さる方がいて、星を残してくれる方がいる。だから続けてこれたのだと、そんなありがたさを再度かみしめたんです。

 

www.pago-no-heya.com

 

記事を更新しなかったこの5日間も、果たしてこの零細ブログの、どの記事に訪れて下さったのだろうと不思議に思うほどのPV数のある日もあったんです。また、読み返すのも恥ずかしくて削除してしまいたい過去の記事に星をつけていただいたり、新たにこんな拙いブログの読者になって下さった方もいたりと、ありがたいことや嬉しいこともありました。

 

それで単純なわたしは、ああ、まだもう少し頑張れるな…なんて、浮上したのです。

 

 書かない日が続いて、もう、このまま止めてしまおうかな…。そう思ったと冒頭に書きました。できることなら毎日の更新を、それがままならなくても2日に一度は記事を書かかないと…。そんな風に考え自分で自分を追い込んでいたのかもしれません。だから、空いた隙間が気になって挫折モードになってしまったのかもしれません。それに仕事でも小さなストレスが重なったので、気持ちも身体もちょっと疲れていたんだと思います。

 

今、元気な気持ちでこの記事を書いていると、書けるときに書けばいいじゃんと、思えてきました。更新が何日とぎれようが、あわてて白黒つけなくていい、挫折の道を選ばなくていいのだと。わたしの乗っている列車は鈍行列車なんだから、景色を楽しみながらのんびりと進んでいけばいいのだと…。なんて、まあ、ありていに言えば書かない言い訳も含めた今日の記事でした。。。(苦笑)