Pagoの部屋

ようこそPagoの部屋へ。管理人は、とっくに3人の子育てを終えたアラフィフ主婦です。大好きな絵本や食べること、そして心に沁みたことなどを記事にして綴っています。

『僕のワンダフル・ライフ』GWにおススメのDVD

映画館に行きそびれ見逃していた『僕のワンダフル・ライフ』をTSUTAYAのレンタルで観ました。DVDになったら絶対に観るぞと思っていた映画です。あらすじは、わかっていたけれど、ラストシーンも想像がついていたけれど、それでも感動しました。とってもいい映画でした。目はうるうる、心はほっこりとあたたまり、しあわせなラストに満足できます。

 

ストーリーもいいのですが、犬たちの演技に「すごいなぁ」と感心することもたくさんありました。表情や仕草も、めちゃくちゃ可愛いです。何度も出てくる字幕の「犬生」はどう読めばいいかなと思いながら、一途な犬たちの心の声を楽しみました。

 

映画の原題は『 A Dog's Purpose』で、原作となった小説は『野良犬トビーの愛すべき転生』(W/ブルース・キャメロン:著/青木多香子:訳)です。新潮文庫で出版されているので関心を持たれた方はいかがでしょうか。わたしもまだ読んでいないので、近々読んでみようかな。

 

さて、ゴールデンウイークは、はじまったばかり。お休みや時間のある方は、『僕のワンダフル・ライフ』を鑑賞してみませんか。日ごろの疲れが癒されるおススメの映画です。

 


『僕のワンダフル・ライフ』予告編