Pagoの部屋

ようこそPagoの部屋へ。管理人は、とっくに3人の子育てを終えたアラフィフ主婦です。大好きな絵本や食べること、そして心に沁みたことなどを記事にして綴っています。

今日は図書館記念日です♪

ブログを「もう、やめてしまおうかな」と、頭をよぎった4月でしたが、今もこうしてキーボードを打っています。今日は、4月も終わりの30日。どうにか二桁の記事を書くことができました。この記事で4月は12記事目。半分にも至りませんでしたが…。

 

まあまあまあ…。できはどうあれ『Pagoの部屋』を訪ねて下さる方が居る間は、こんなペースで、のんびりと、まったりと、書いて行こうかな。

 

さてさて、今日4月30日は『図書館記念日』なんですよ。日本図書館協会では、図書館記念日について以下のように述べられています。

制定の趣旨


4月30日を図書館記念日に


昭和25年4月30日、画期的な文化立法である図書館法が公布され、それを契機として日本の図書館活動は新しく生まれ変わりました。サービスとしての公共図書館の機能が明らかにされ、無料原則がうちたてられ、わが国は、真の意味での近代的な公共図書館の時代をむかえたのです。日本図書館協会は、今日の図書館発展の基盤となった図書館法公布の日を記念して、4月30日を「図書館記念日」とすることにいたしました。
戦前の記念日(4月2日―帝国図書館長が天皇に図書館についての御進講をした日)との決別も意図しています。


5月1日~31日を図書館振興の月に

 

さらに図書館記念日につづく振興の月(5月1日~31日)は、新緑を背景に、図書館員が連帯しながら、社会との結びつきを強め、アイデアを出し合い、図書館振興のプログラムを進めようとするものです。

 

 上記に書いてあるように、図書館記念日に続く明日からのひと月は、図書館を元気に活性化させましょう…みたいな期間なのです。無料で利用できる図書館は、とてもありがたい施設です。新作も旧作も置いてあるし、幅広いジャンルが揃っています。冷暖房完備で椅子に座って静かに読書を満喫できます。いいところばかりですよね。

 

「読書の秋」と言われるように、読書と言えば秋のイメージがありますが、新緑のこの季節も読書が似合う季節だと思います。家で読書をするのなら、窓から流れ込む爽やかな風を感じながら読むのもいいでしょう。公園などで読書をするなら新緑の木陰で本を開くのもおつなものです。

 

オーバーだと言われてしまうかもしれませんが、本は人生を豊かにしてくれると思っています。いい本は…自分と合ういい本は、友となり師となり、救いや教えを与えてくれます。他にもただただ、面白くストーリーを楽しめる本もたくさんです。絵本、小説、自己啓発本、etc……。図書館の本は選り取り見取りです。

 

いかがでしょうか。本を好きな方はもちろん、そうでない方も5月は図書館へ足を運んでみませんか?そして、出会えてよかったと思えるステキな本に出会って下さい。