Pagoの部屋

ようこそPagoの部屋へ。管理人は、とっくに3人の子育てを終えたアラフィフ主婦です。大好きな絵本や食べること、そして心に沁みたことなどを記事にして綴っています。

今日も元気に「ため息」を

まぶしく晴れた空。ベランダから見える桜の木々はふさふさと葉を茂らせています。今日から5月。やわらかな風がそよいでいます。5月のイメージは、色でたとえるなら若草の緑色。そして一年の中で、朝の空気がいちばん美味しい月。……わたし個人の感想です。

 

さて、爽やかな5月だからといって、身も心も爽やかだとは限りません。「5月病」という言葉があるように身体や心のバランスを崩しやすい月でもあります。一般的には新入社員や新入生のことと思われがちですが、サラリーマンや主婦だって5月病にかかります。そう、誰だってなりうる症状ですよね。

 

 朝の空気が美味しいと言っているわたしも、身体や心の疲れを感じています。開いた本の内容が、なかなか入ってこなかったり、手帳の予定表を見て気持ちが沈んだり、台所に立つのがおっくうになったり、仕事に行くのが嫌だと感じたり…。なので、ついついため息をこぼすことが多いです。

 

このため息なのですが、ため息をつくと幸せが逃げる……という言葉を聞いたことはありませんか?わたしは過去に何度か耳にしたことがあり、その頃は、その通りかもと思っていました。だけど、そうではないようですよ。むしろ、ため息はついた方がいいのだと知りました。

 

心身ともに本当に疲れきったらため息も出ないとのこと。関心や気がかりがある方は、下のサイトを覗いてみて下さいね。このようなサイトのおかげで、わたしは大手を振ってため息をつけるようになりました。。。うそです(笑)。いばることではないので、とりあえず人目にはつかないように、堂々と!に訂正します。そうなんですよ堂々と、気持よくため息をついています。

 

style.nikkei.com

 

 5月の空気は美味しいと思っているわたし。

 

せっかくなので美味しい空気をたっぷり吸いこんで、大きく吐き出したなと思います。

それって深呼吸だよとつっこまないでくださいね。もしかしたら、ため息と深呼吸は親戚かもしれませんよ。

 

おわりに、わたしのスローガンの発表させていただきます。

 

『今日も元気に「ため息」を』

 

5月病予防のためにも、どんどんため息をつきましょう。。。

 

みなさんも元気に5月をスタートさせて、身も心も爽やかに過ごしてくださいね。