Pagoの部屋

ようこそPagoの部屋へ。管理人は、とっくに3人の子育てを終えたアラフィフ主婦です。大好きな絵本や食べること、そして心に沁みたことなどを記事にして綴っています。

いい「おとうさん」になる!

今週のお題「おとうさん」

f:id:green888:20180621223427p:plain

わが家の娘たちは、おとうさんが大好きです。(ダンナのことです)

ダンナが「肩こったぁ~」と言えば、肩をたたいてもみほぐし

「腰が痛い」と言えば、腰をもみます。

足の裏だって、汗ばんでいようが臭かろうが

少しも嫌がらずにもみほぐします。

 

キムタクみたいなおとうさんだったら

理想的なのになぁ~と言いながら、

メタボって、おしゃれパパには縁遠いダンナと

一緒にでかけることを厭いません。

「その服、ダサいよ」くらいのアドバイスはしますけど。

 

ダンナの嘘か本当かの武勇伝…。

なんど同じ話を聞かされても、

コロコロ笑い声をあげながら相槌を打っています。

 

おとうさんってカッコいい…とは言いませんが、

おとうさんって、かわいい…と、よく口にします。

 

キムタクが大好きと、言ったことはありませんが、

おとうさんのここが好き…とは、よく口にします。

 

男どうしの息子とも、

まあ、それなりにいい関係。

考えが合わない部分ではぶつかったこともありますが

尊敬している部分は尊敬し、欠点も含めて

息子も父親を大切に思っているようです。

 

さて、さて、さて。

むかし、むかし、ダンナとわたしが結婚する前のはなしです。

この人こそ、わたしの王子様……とは、思わなかったけれど

結婚が決まったとき、何となく予知していました。

 

この人、いい「おとうさん」になる!って。

 

23歳だったわたしの予知は、大当たり。

わたしの思った通りになりました。

 

わたしって、すごい!

ちゃんと未来を見通せたんです。

先見の明があったんです。

 

なんて、自分を褒めすぎかしら。。。?