Pagoの部屋

ようこそPagoの部屋へ。管理人は、とっくに3人の子育てを終えたアラフィフ主婦です。大好きな絵本や食べること、そして心に沁みたことなどを記事にして綴っています。

ジュリーのコンサート

昨日は、友だちとジュリーのコンサートへ行ってきました。

 

沢田研二 70YEARS LIVE

『OLD GUYS ROCK』

と題されたコンサートです。

 

コンサートへ行ってきましたが

ジュリーのファンなの? って、尋ねられたら、そうではありません。

 

もともと、コンサートへ行きたいと思うほど

誰々のファンと呼べる人がいません。

 

なので、歌手のコンサートは初めての経験でした。

 

この歌手のこの歌が好き。
この歌手の声が好き。
この歌のこの歌詞が好き。
そういうのは、あるんですけども。

 

で、ジュリーです。

少女時代のわたしが「この人の歌う声が好き」と思っていた

数少ない歌手のひとりがジュリーなんです。

 

そして昨日のコンサートです。

『OLD GUYS ROCK』と題されているのだから

ロックであって然りなのですが、ジュリーがロックを歌うことに驚きました。

わたしは歌番組をほとんど見ないので

昭和以来、ジュリーの歌を知らなかったのです。

 

 

わたしにとってロックは、音楽のジャンルの中でもいちばん縁がなく、

耳にあまり馴染んでいません。

だけど、だけど、ロックを歌うジュリーの声は、

40年くらい前に、好きだなぁ~と感じたままの声でした。

 

古希を迎えられたというのに、変わらない声色と歌唱力…。

本当に感動しました。

 

ああ、それにしても声って、楽器みたいだなぁ~と思います。

うまく表現できないのですが、声って音色だよね……と。

好きな楽器の音色と同じで耳に、心に、沁みて感動しました。。。

 

なんだか夢をみているようで、

小中学生だったころに、好きだなと思っていた声を

40年も経って生で聴くことのできる日が来るなんて……。

ちょっと、奇跡だよね。。。とも、思ったりしたのです。

 

自分からコンサートへ行きたいと思ったことはなかったと、はじめに書きました。

 

実は、今回のコンサート行きは、自分で行こうと決めたのではなく

誘っていただいて、コンサートの日の4日前に決まったのです。

 

最初は、友だちが友人さんと行くことになっていたコンサートだったのです。

その友人さんが急用でいけなくなったので、わたしに声がかかったのです。

運よく、わたしはパートはが休みで、何の予定も入っていなかったのです。。。♪

 

そんな偶然? が重なって、大阪城ホールで行われた

ジュリーのコンサートへ行く…という運びになったのです。

 

チケットは、そのままいただくことになったので、

大阪城公園駅までの往復500円足らずの交通費しかいりませんでした。

ランチを食べて、ホットドックを食べて、アイスを食べて

コンサートに感動して、ディナーを食べて、

もう、胸いっぱいお腹いっぱいなのに、しめにストロベリーパフェまで食べ、

ああ、苦しいとお腹をさすりながら帰宅しました。

 

しばらく胃もたれしていましたが、神様からプレゼントをもらったような

心は感動でいっぱいの贅沢な一日でした。。。