ようこそPagoの部屋へ。 アラフィフ主婦の雑記ブログです。。。♫

筆文字のはがき

 

www.pago-no-heya.com

今月のはじめ人形供養をお願いしたお寺から「本日、ご供養致しました」とはがきが届きました。はがきには男性的な太い筆文字で宛名と供養した日付が書かれていました。色の濃淡と筆のかすれから筆ペンではなく墨で書いてあるのだとわかりました。

 

はがきを受け取って、改めて人形に「ごめんね」と少し胸が痛んだのですが、墨の筆文字に不思議と癒されました。温もりを感じたのです。「ごめんね」が癒されたあとは、「ありがとうね」の気持ちが心に広がりました。

 

たくさん、たくさんの人形たちの元居た家に、いちまい、いちまいの筆文字のはがき……。供養料を払っているのだから当たり前なのかもしれませんが、わたしはこんな風に知らせを貰えると思っていなかったので、ちょっと意外でした。

 

意外に思っただけでなく、墨で書いた文字っていいなと感じ入りました。書に興味があるわけでもないのに、へんですね。それでも、きっと若い時なら何も感じなかっただろうなと思いながら、墨の筆文字を眺めました。

ご訪問ありがとうございました。。。♪