ようこそPagoの部屋へ。 アラフィフ主婦の雑記ブログです。。。♫

ポテトサラダのよもやま話

f:id:green888:20180805100758p:plain

 

男子の人気ナンバーワンのサラダは、ポテトサラダなんだとか……。

 

どうやらポテトサラダはカレーや肉じゃがのように、口に馴染んだおふくろの味のカテゴリーに入るようです。

 

おふくろの味、強し!ですね。

 

ポテトサラダの材料は、家庭によって多少の違いはありますが、定番は玉ねぎキュウリハムといったところでしょうか。これぞベストマッチと言うべきジャガイモマヨネーズが主役です。わき役はシンプルで文句なしなのかもしれません。

 

料理家の重信初枝さんは、男子に食べてもらうときは奇をてらわない普通のポテトサラダを作ることが成功のコツだと言っています。なんでも「男子は食の安定を求め、女子は食の冒険を求める」と、考えておられます。なるほど、安定冒険かぁ……。すべての男子、女子にあてはまるわけではありませんが、おおよそ、そうかもしれないな……と感想を持ちました。

 

www.kyounoryouri.jp

わたしの母のポテトサラダには上に書いた定番の材料のほかに、ニンジンリンゴゆで卵が加えられます。子どものころから食べ馴染んだポテトサラダなので、わたしは抵抗がないのですが、リンゴポテトサラダに入っているなんて邪道だと感じる方も多いようです。酢豚のパイナップルと同じなんだよと言われ、何となくわかるとうなずきました。

 

わたしの作るポテトサラダは、その日、そのときで変わります。マッシュしたジャガイモの味付けは塩コショウとプレーンヨーグルトと控えめのマヨネーズ。隠し味に甘味とミルク感のある森永乳業のクリープ(珈琲に加えるミルク)を加え、これをベースとしています。

 

続いて玉ねぎゆで卵は、わたしにとっては欠かせない材料です。その他は自由でこだわりがなく、ハムの代わりに炒めたベーコンであったり、ボイルしたエビだったりします。エビボイルしたあと、しばらくすし酢につけておくと下味がついて美味しいです。

 

緑の色としてキュウリの代わりに塩もみした春キャベツや、さっと茹でたブロッコリーアスパラを使うこともあります。料理って視覚も大切だから、緑色があるのとないのとでは大違い。わたし好みですが、ちょっとくせのあるセロリも美味しいです。つまりは、その日、そのときに冷蔵庫にあるものや、安かったもの、食べたいものでポテトサラダを作っているのです。

 

皆様のご家庭では、どんなポテトサラダを作っていますか? 暑さが続き調理する気力だけでなく、食欲までもが落ちる毎日ですが、しっかりご飯を食べて元気に夏を乗り越えたいですね。

 

今夜の夕飯の一品に、ほどよく冷やした具だくさんのポテトサラダはいかがでしょうか。。。

 

ご訪問ありがとうございました。。。♪