Pagoの部屋

ようこそPagoの部屋へ。管理人は、とっくに3人の子育てを終えたアラフィフ主婦です。大好きな絵本や食べること、そして心に沁みたことなどを記事にして綴っています。

【夏の高校野球2日目】今日のこと

2回のウラでした。夏の甲子園、高校野球2日目、第2試合で大阪の桐蔭高校が1点を先制しました。対戦相手は栃木の作新学院。「おもしろくなりそう」と思った矢先、「準備OK」と身支度を整えた次女の声。仕事の休みが一緒になった今日、お昼なら予定が空いているよと言う次女とガストへランチに行く約束をしていたのです。

 

自転車で行くほどでもないので、日傘をさしていざ、久々のガストへ。信号待ちがなかったので徒歩8分で到着。涼しいガストのテーブル席にしあわせ気分で腰をおろしました。午前中、エアコンを我慢していたので快適感はなおのこと。次女とふたり「涼しいねぇ」と、笑顔になりました。

 

次女はチーズインハンバーグのセット、わたしは白冷麺とミニまぐろごはんのセットを注文しました。「このごろ食欲ないよね……」と言いながら完食し、あわせて頼んだ山盛りポテトフライも「苦しいね」とお腹をさすりながら食べきりました。どこが食欲ないねん!ですが、このあとのデザートを追加できなかったあたりが、そうなんです。。。(笑)普段はデザート以外にも単品を注文して分け合ってるんです。

 

そうそう、ポテトフライに添えられているマヨネーズとケチャップのマヨネーズの話です。娘情報ですが、ガストのマヨネーズはオリジナルのマヨネーズだそうで、ちょっと甘味があって結構人気があるのだとか。ガストだけでなくびっくりドンキーのマヨネーズも人気があるらしいです。「へぇー、そうなの」と、ファミリーレストランって、メニューではないものだって話題になるのだなと、社会勉強をしたような気分でした。

 

家に戻るなり、エアコンを風量最大にして2台の扇風機もスイッチオン。テレビをつけると大阪桐蔭と作新学院の試合は7回のウラでした。点数は出かける前とおなじ1対0。大阪桐蔭が勝っているままでした。8回で大阪桐蔭がさらに2点を追加したあたりから、わたしと次女は大阪人でありながら、「作新学院、頑張れ!」と応援モードにはいってしまいました。何なんでしょう。負けている方を応援したくなる心理は。。。

 

作新学院が9回の表でチャンスを作り、もしかしたらドラマチックな逆転になるかと固唾をのんで見守っていたのですが、1点を返すにとどまりました。ため息なのか安堵なのか次女とふたりして息をはき、「まあ、よかったやん」「うん、よかったやん」と、会話しましたが、何がよかったかの話です。土を集めている球児に「スコップ貸したろか」と冗談を言いながら、球児の涙にもらい泣き。「頑張ったな、頑張ったな」と繰り返し「ええやん。甲子園に来れただけええやん」と届かない声援をぼやきました。。。

 

今日、わたしと次女は、そんな風な時間を過ごしたのです。