Pagoの部屋

ようこそPagoの部屋へ。管理人は、とっくに3人の子育てを終えたアラフィフ主婦です。大好きな絵本や食べること、そして心に沁みたことなどを記事にして綴っています。

畏怖

近畿地方を中心に大きな被害をもたらした台風21号が通り過ぎたかと思えば、北海道で起こった震度7の大地震……。心の痛い数日が続いています。荒ぶる自然現象に、全ての生物は無力です。

 

猛威を奮って通過した今回の台風で、荒れ狂う暴風に無抵抗に飛ばされる鳥の姿を見ました。たくさんのゴミや何かの破片が無数に舞い狂う灰色の景色の中にです。一瞬は自分の目を疑いました。けれど、一羽や二羽ではなく、また娘たちも翼を広げた鳥がゴミのように飛ばされるのを目にしていました。

 

根こそぎ倒れている樹木や折れた樹木、吹き飛ばされた自転車、散乱する無数のゴミ……。翌朝の風景にも目を見張りました。時間が経つごとに明らかになって行く被害の大きさ。日付が変わっても停電など生活に支障をきたしている地域もありました。

 

台風21号によって、傷ついた人、命を落とした人、家を失った人、それらによって新たな悲しみを抱えることになった人たち……。大阪を直撃したこともあり、改めて台風の威力や恐ろしさを実感し、その無情さに悲しみとやりきれなさを感じました。

 

また、人だけでなく鳥もそうだったように、のら猫や、山や森に暮らす動物たちも怖い思いをしたのだろうなと、そして、どこかで命をおとしているのだろうなと、胸が痛みました。

 

そんな風に心の痛みが治まらないうちに流れてきた北海道で起こった大地震のニュース……。夜も明けぬ暗がりの中、どれほど恐ろしかったことでしょう。今も余震が繰り返されているうえ、今日の午後にも本降りの雨が懸念されているようです。地震の影響が大きかった地域の雨による被害拡大も心配です。

 

停電により病院の機能がまひしたり、家庭電力の長引く停電など、その不安と不便はいかほどでしょう。安否不明の方も、二十数名おられるのだとか。辛い、ですね。。。

 

自然災害はどうしようもないことなのかもしれません。。。

自然現象に、人は非力で抗うことなどできません。。。

 

だけど、災害に対しての意識を高めたり、温暖化や資源を含む地球の問題について考えたり、小さな心がけや思念を大切にしたいなと考えさせられました。

 

 

台風、地震で被害に遭われた方々の平穏な日々が、一日も早く戻ってきますように。

これ以上、被害が拡大しませんように。

そして、心や身体に傷を負った方々の回復をお祈りいたします。