ようこそPagoの部屋へ。 アラフィフ主婦の雑記ブログです。。。♫

キムチに首ったけ

しっとりとした霧雨の昨日、大阪鶴橋のコリアタウンをぶらぶらして、ランチに海鮮チヂミや豆乳をベースにした牛テールのスンドゥブを食べました。ごま油が香るサラダと数種類のキムチも添えられていて韓国料理が大好きな友だちとわたしは、大満足しました。

 

そう、キムチ。鶴橋へ出かけたときは、キムチを大量買いします。お気に入りの店があって、いつもそこで買うのです。おなじみの白菜や大根やキュウリのキムチも美味しいのですが、スーパーには置いていない山芋やゴボウのキムチ、セロリのキムチ、タコやイカのキムチなどが目的です。こんなにあるの?と、感心するくらいキムチの種類があります。

 

特に、わたしがやみつきになっているのは、セロリのキムチとイカのキムチです。わたしが買い求めるのは、各500gのパックなのですが、これ、1食で食べきる自信があります。(そんな自信はいりませんけどね……)とにかく、お気に入りの店のキムチは、それほどにわたし好みなのです。。。♡

 

韓国ドラマを観ていると、韓国の俳優さんや歌い手さんは何て肌が綺麗なんだろうと羨ましく思うことが度々あります。韓国の人ってスタイルのいい人も多いように感じます。まさにキムチパワーですよね。

 

何んといっても栄養価の高いキムチです。唐辛子と乳酸菌と食物繊維がとタッグを組めば、めちゃくちゃ最強! ダイエットにも美肌にも効果抜群だし、免疫力を強化してくれるから健康維持にもつながります。

 

唐辛子の辛さが大丈夫なら、たぶんサプリメントよりも効果が期待できるんじゃないかなと、キムチ愛好家のわたしは思っています。わたしは便秘知らずの肌荒れ知らずで、めったに風邪もひきません。たまたまなのか、インフルエンザにも20年以上かかっていないのです。

 

そうそう、キムチも漬物の一種だから塩分が多いので気になる方も多いかと思います。だけど心配はご無用なんですよ。とうがらしには塩味をひきたてる効果があるので、他の漬物より塩分が少なくてすむのです。

 

わたしは、キムチを食べ終わった後のつけ汁も調味料として使いきります。全く無駄がないんですね。昨日もキムチ屋の韓国人のおばさんにレシピをひとつ教わりました。

 

キャベツと玉ねぎを炒めてイカのキムチのつけ汁で味をつけ、最後にごま油で香りづけをする……といったシンプルなものです。。イカの旨味があふれてるつけ汁だから、きっと美味しいだろうなと想像し、イカのキムチを食べきる日が楽しみです。

ご訪問ありがとうございました。。。♪