ようこそPagoの部屋へ。 アラフィフ主婦の雑記ブログです。。。♫

映画『プーと大人になった僕』を観に行きました

朝から曇り空の今日は、雨の予報でしたが、

折り畳みの傘をカバンに押し込み、予定通りに出かけました。

公開前から楽しみにしていた

『プーと大人になった僕』を観に行きました。

 


「プーと大人になった僕」日本版予告


映画の予告を観るだけでも、

おおよそのストーリーの想像はつくかと思います。

実際に映画を観ても、

いい意味での裏切らない展開でした


感動的な大きなクライマックスはないけれど

クスッと笑ったり、ちょっと泣きたくなったり、

はじまりからおわりまで

ずっと、優しい風に包まれているかのように

心を運んでくれる映画だと感じました。

 

詳しいあらすじや情報は、

公式サイトなどで丁寧に紹介されているので

わたしは、書くことを怠けちゃいます。

 

だけど、プーのプーらしい無垢な言葉は、

わたしの心にも、いくつかの足跡を残したので

忘れないように書いておこうと思います。

 

上の映画予告にもありますが、

「仕事があるから 戻らなきゃ」

と、言うクリストファー・ロビンに

「それは風船より大切?」と、プーは尋ねます。

 

予告で何度も観たからでしょうが

映画がおわったあとも

この言葉が、いちばん耳に残りました。

 

その他にもプーの言葉

メモしたいなと思ったものがあったのですが

字幕を読んでいたので

スクリーンから目が離せませんでした。


せめて記憶力がいいのなら良かったんですけど……。


まあ、映画館の暗がりでは難しかったかな。。。


そんな風に思っていたら、見つけました!


「映画・com」さんのサイトに

本当に大切なものに気づかせてくれる

『プーさん語録』と題して

プーの言葉が載せられていました。。。♪


と言うことで、ありがたく
書き写しをさせていただきました。。。☟

 

「『何もしない』は、最高の“何か”につながる」

「(ドアは)必要なところにあるんだ」

「今日が一番好き」

「でも、君は君でしょう」

「どこかへ行きたいと決まっていると、“どこか”が来てくれる」

eiga.com

 ファンタジーが大好物のわたしにとって

『プーと大人になった僕』は、

繰り返して観たい映画となりました。 


ならば、また映画館へ行くか

DVDになるのを待つか…ですね。

次回は、吹き替えで観たいかなと思います。


少し肌寒さも感じた今日、

小雨のぱらついた時間もあったようですが

傘を取り出すこともなく

心がほっこり温まる日となりました。


 

 

 

 

 

 

 

 

ご訪問ありがとうございました。。。♪