Pagoの部屋

ようこそPagoの部屋へ。管理人は、とっくに3人の子育てを終えたアラフィフ主婦です。大好きな絵本や食べること、そして心に沁みたことなどを記事にして綴っています。

えんそく日和

f:id:green888:20181016215601p:plain

今日、阪大病院へ行くのに大阪モノレールを利用しました。

ある駅で空いた扉から流れこんだざわめきに、文庫本から顔を上げて目をやると、20人ほどの園児が数人の先生に引率されて乗り込んできました。みんなおそろいの黄緑色の帽子をかぶり、小さな背中にリュックサックを背負っていました。

 

ああ、遠足かぁ…万博記念公園に行くのね。。。

 

思わずにっこりしながら、文庫本を閉じてカバンにしまいました。

園児たちの可愛らしさに、読みたい気持ちがすっかり削がれてしまったのです。

 

みんな行儀よく静かに立っています。

だれひとり、わがままも言わなければ騒ぎもしません。

黄緑色のおそろいの頭が、先生を見上げるときに少し傾くだけでした。

 

さて、わたしの目的地の阪大病院前までストレートに行く車両もあるのですが、乗っていた車両は、万博記念公園でいったん降りて乗り換えなければいけませんでした。

 

園児たちが降りた同じホームに立ち、やっぱり万博記念公園に行くんだと、にんまりうなずいていると、あららら……次々、次々と園児たち。後方の車両に分かれて乗っていたのでしょう。桃色や水色のおそろいの帽子をかぶった園児たちが、やはり数人の先生に引率されて列を乱さず歩いてきたのです。

 

色とりどりのマカロンのような帽子の行進を見送りながら思いました。今日がいいお天気でよかったなぁ……と。。。うちの子たちもあんな歳の頃があったなと懐かしさもよみがえり、すぐには目を離せませんでした。