ようこそPagoの部屋へ。 アラフィフ主婦の雑記ブログです。。。♫

手作りの栞

f:id:green888:20181124230025j:plain
もうずいぶんと前の話なのですが、

図書館で借りた本に、手づくりの栞がはさまれていたことがありました。

借りた本は児童書で、低学年向けの本でした。

 

手作りの栞は、ちょっといびつな短冊で

四葉のクローバーの押し葉が貼り付けてありました。

裏を返せば、幼い文字が綴られていました。

 

「しあわせになれます」と……。

 

この栞を作った子どもは、

自分のために作ったのかしら…?

うっかり、はさんだまま本を返してしまったのかしら?

それとも次にこの本を開く誰かさんを思って、

はさんでおいたのかしら……?

 

自分のために作った栞なら、きっと大事な栞のはず。

誰だかわからない誰かさんのために、はさんだのなら、

何て素敵なんでしょう。。。

 

そんな風にあれこれ思いをめぐらせて、

栞に添えられている言葉のままに、しあわせな気持ちになりました。

 

その本を返却するとき、

返却カウンターのお姉さんに、栞の存在を伝えました。

貸し出しの履歴で、作り主が分かるかもと思ったのです。

 

そして……。

手作りの栞は、忘れものとして取り置いてもらえることとなりました。

 

その後の栞の行方は知りません。

 

だけど、何かの折に栞のことを思い出すと、

何年が過ぎても、あのときのしあわせな気持ちがよみがえります。

ご訪問ありがとうございました。。。♪