ようこそPagoの部屋へ。 アラフィフ主婦の雑記ブログです。。。♫

ゆうびん屋さんと年賀状

 

f:id:green888:20181203105111j:plain

先月の終わりごろのこと。

インターフォンが鳴ってモニターに、ゆうびん屋さんの姿が映りました。

「郵便局です」と、元気な声。

郵便物か小包が届いたのかと、わたしはハンコを握りしめてドアを開けました。

 

ところが、ゆうびん屋さんはちらりとハンコに目をやって、口をもごもごさせて困ったような顔をするではありませんか!

 

なに? なに……?

 

改めてゆうびん屋さんを見ると、小包も郵便物も手にしていません。

 

「あの、えっと、ハンコはいらないんです。去年、年賀状を買って頂いたので……」

ゆうびん屋さんは、小さな声でいいました。

 

年賀状? 去年?

 

そこで、ああ……。と、思い出しました。

 

去年のちょうど今ごろ、郵便物が届いた日のことです。

郵便物を受け取って、ハンコを押したときに、ゆうびん屋さんの胸ポケットに目が行きました。ポケットには『ただいま年賀状発売中』と書いた名札のようなのがとめてあったのです。

 

面倒なことを先送りにして、年賀状を買いそびれていたわたしは、ちょうどいい所へ…来てくれたと喜びました。そして「いま、年賀状の持ち合わせがあるんですか?」と尋ねてみました。

 

ゆうびん屋さんは、びっくりしたように「あ、あります」と言いました。その驚きように、こんな風に年賀状を買われるのって手間をかけちゃうのかな?と一瞬、思ったのです。

 

でも、心配しているわたしの目の前で、ゆうびん屋さんはしゃがみ込み「インクジェットの無地ですね」と、地面におろしたカバンから、わたしの注文通りの年賀状をとりだしてくれました。

 

なので、その流れのまま年賀状を購入したのです。

 

そのゆうびん屋さん、小柄で顔もまだ少年のあどけなさが残ったゆうびん屋さんでした。年賀状の販売は慣れていないようで、ハンディーPOSの操作もあたふたとぎこちなくて、ちょっとはらはらしました。

 

そして、そして、わが家の末っ子と同じくらいの歳かな……と思いながら、「頑張れぇ~」と見送ったのです。

 

すっかり忘れていた記憶がよみがえり、今年も年賀状を買いに行くことを先送りにしていてよかったなぁ…って思いました。呑気なのも悪くないじゃない……と。

 

だってね、早々と年賀状の準備をしていなかったおかげで「去年は、ありがとうございました。今年は、年賀状のお買い忘れはないですか?」の声に「じゃあ、お願いします」と返事ができたのです。。。

 

今年のゆうびん屋さんは、すっかり慣れた手つきでハンディーPOSからレシートを出してくれました。。。♫…ただ、年賀状を買っただけのことなのに、こんな風に記事にするなんて……。

 

なんかねぇ~。よくわからないのだけど、とっても嬉しかったんです……。

 

そうだ、そうだ、わが家の年賀状…。まだ白紙です。今年のデザイン面のためのソフトすら買っていないのです。面倒だわ…と、ついついおっくうがって、なかなかエンジンがかからないのです。今日は、もう12月の3日……。ちょっと急がなくちゃあ…です(汗)

 

さて、おしまいに、年賀状の季節だけの、日本郵便のおもしろそうなサイトを紹介いたします。こちらです…☟


nenga.yu-bin.jp

検索窓に自分の名字を入力すると、日本でどれくらい同じ名字の人がいるのかと名字の由来などが表示されます。その他にも名字のトリビアがいくつかありますので、興味とお時間のある方は、覗いてみて下さいね。。。

ご訪問ありがとうございました。。。♪