わたしのお年玉

夕べのこと。

次女が仕事から帰ってきて「おかあさん、プレゼントがあるの」と大きな包みを抱えてリビングに入ってきました。クリスマスは終わったし誕生日は、まだだよと言うと「じゃあ、これはお年玉」と、次女。相変わらずプレゼントが好きな娘です。

 

包みの中から出てきたのはT-falの圧力鍋…。ありがとうと言いつつ、ウチにあるやん…と、わたしの頭の中にクエスチョンマークが並びました。あると言っても20年以上も使っている見栄えが衰えた年代物ですが…。

 

次女が言うには、これからは作る料理の量も減るだろうし昔の圧力鍋は重いからとのこと。プレゼントしてくれた圧力鍋は2~4人用のサイズで今あるものより一回り小さいです。そのうえ、かなり軽量化されているため圧力鍋なのにとても軽いのです。デザインもおしゃれで鍋の内側がチタンコーティングされていたり、扱いやすさも安全面もとても進化しています。

 

「おかあさん、前にテレビショッピングでT-falの圧力鍋に見とれていたやん。それを思い出して圧力鍋を見ていたら、これ値下げしてたねん。だから気にせんと使って。まあ、家族のためのごはん作るからプレゼントって言うのもへんやけど」

 

そう言ってから次女は、食べたいものをいくつかリクエストしてきました。

 

確かに…テレビショッピングに見とれることは多いです。家電も調理器具も、どんどん進化して「あ、いいな」と一瞬、欲しくなります。だけど番組が切り替わったら、忘れることがほとんどです。

 

持っている圧力鍋が昔ながらの重い鍋なので、最近は出すことがおっくうで、お暇をあげていたのです。豆を煮るのもすじ肉を炊くのも普通の鍋で時間をかけていたのです。そんなこともあって、食い入るように見ていたのかもしれません…。

 

そっかぁ…。欲しそうに見ていたらプレゼントしてくれるのか…とわたしは学び、これからはどんどん欲しそうな顔してテレビショッピングを見ようと決心しました。特に次女のいる傍で指をくわえてみようかなと…。今年はじめての決心です。。。(笑)

 

さて、新しい圧力鍋……。いちばんはじめに何を作ろうかしら。楽しみが増えました。

 

でも、古い圧力鍋とのさよならは、さんざんお暇をあげていたくせに、ちょっと寂しい気もしています。。。

 

 

ご訪問ありがとうございました。。。♪