わが家のカレー

「なんで、ぼくんちのカレーには、ジャガイモが入ってないん?」そう聞かれたのは息子が幼稚園児の頃のこと。給食のカレーには、ジャガイモが入ってるのに……と、疑問を持ったのです。

 

わたしやダンナがジャガイモを嫌っていたわけではありません。どちらかといえばイモ類は好きです。ただ単に、子ども時代の実家のカレーにもジャガイモは入っていなかったし、よそでお呼ばれしたときに、わたしがカレージャガイモは合わないと感じていたからでした。ジャガイモを入れると、カレーの舌触りがざらつくので嫌だったのです。

 

カレーだけでなくビーフシチューやホワイトシチューにもジャガイモは入れません。ざらつきだけでなく、ジャガイモのでんぷんで、とろみが濃くなるからです。特にカレーの場合、とろみがかためより、スープのようにゆるいほうが好みでした。

 

「なんで、ぼくんちのカレーには、ジャガイモが入ってないん?」と聞かれたとき、どんな風にわたしは話し、それを息子が納得したのかどうかは忘れましたが、とにかくわたし好みのカレーをその後も作り続けたのです。

 

季節によってのアレンジはありますが、基本の材料は、ニンニク、ショウガ、お肉、玉ねぎ、にんじんの五つ。そのまま、わが家のカレージャガイモなしのカレーであり続けるはずだったのですが……。

 

息子、一年生になりました。

ある日の夕方、カレー作りの準備をしていたときのこと。

 

「おかあさん、小学校のカレーにもジャガイモが入ってるんやで」

 

再びの指摘でした。

 

そして息子は、二人の妹を並ばせて……。

「なあ、カレーにジャガイモが入っているほうがいいと思う人、手をあげて!」

と言い放ち、「はあーい」と率先して自分の手をあげたのです。

 

もうね、結果はみえみえでしょう。。。

 

3歳半と1歳半の幼い妹たち…。

「はあーい」「はあーい」

末っ子なんて、カレーのおうじさまデビューしたばかりのころ。

 兄をまねて、たぶん質問を理解せず?…にこにこ手をあげました。

 

「決まりやな」。。。息子の得意顔……。

 

まあいいか。ジャガイモも仲間に入れてあげましょう…。

わたしは妥協したのです。。。

 

その日から、わが家のカレージャガイモが参加するようになりました。

 

でも……毎回ではありません。

ときどきジャガイモには、わたしの独断でお休みしてもらっています。

「あ、ジャガイモ買うの忘れたわ…」と、大きな声でひとりごとを言いながら。。。

 

ちなみに今夜のカレーをただいま、コトコト煮こみ中…。

20数年前のことを思い出しながら、この記事を書いています。

 

えっ?……ジャガイモ……ですか?

 

もちろん今日は入れましたよ…。そう、息子愛を優先しました。。。(笑)

ご訪問ありがとうございました。。。♪