絵本『ハグくまさん』

 

ハグくまさん (人生を希望に変えるニコラスの絵本)

表紙を見て、一目ぼれしました。。。♥

まあ、わたしが一目ぼれしちゃう絵本は数知れず……なんですけどね。。。

ほれっぽいんです。絵本には。。。

表紙のくまさん、ハグくまさんっていうのです。

くまのプーさんやテディベアみたいに可愛くはないけれど、

毛並みもみだれて男前じゃないけれど……。

なんだか、いい人そう……いえ、いいくまそうって思ったのです。。。

 

このハグくまさん、名まえの通り誰かに会うといつだって、

だきしめてしまうんです。

 

f:id:green888:20190307140051j:plain

 ほらね…こんなふうに、小さな鳥、臭いスカンク、だきしめにくいへびも……。

これだけでは、ありません。

このページの前にも美味しそうな生きものや、

大きな生きものをハグしているんですよ。

 

でもね、ハグされている生きものたちにとっては、ありがた迷惑な話。

 

みんな目をまんまるにして、ひぇ~って顔をしています。

 

だけど、読者は何故か楽しめちゃうんです。。。

 

生きもののことも好きだけど、ハグくまさんがもっと好きなのは森の木たち…。

大きな木や小さな木や、どんな木だって……。

表紙のイラストのように、ぎゅっとだきしめるのです。

 

ところが、ある日。

ハグくまさんは、生まれてはじめてだきしめたくないもの

出会ってしまいます。

 

それは、森へ木を伐りに来たひとりの男……。

 

斧を振りあげた男に、かみついてやろうかと思うハグくまさん……。

そのページの文章です。

 

がぶりと かみついてやろうか。

けれど それは

どんなにおこっても どんなにきらいでも

ハグくまさんには できないことでした。

 

どうしたら いいんだろう。

ハグくまさんは かんがえました。

 

 

 

さて、考えたハグくまさん……。どうしたと思いますか?

 

 

 

 

 

 さあ……答えは次のページです。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:green888:20190307141253j:plain


そう、やっぱり、だきしめたのです。。。♪

 

おどろいた男は斧をほうりなげて、遠くへ逃げて行ってしまいます。

そりゃあそうですよね。

大きなくまにだきしめられて、どんなに怖かったことでしょう。

ちょっぴり同情しつつも

一目散に逃げていく男のイラストが描かれたページでは、

思わずクスッと笑ってしまいました。。。

 

だきしめたくなくても嫌いでも、ハグ!!!

ハグくまさんは、ぶれずにハグくまさんなのですね。。。

 

ユーモラスでほっこりする絵本です。。。
 

ご訪問ありがとうございました。。。♪