桜と自転車泥棒

誰かさんが、わが家の自転車に無断で乗り、

必要がなくなった場所で自転車を乗り捨てました。

 

自転車には、マンション名と

自転車置き場の各自のナンバーを印字した

ステッカーが貼ってあります。

それを見て、わがマンションの管理事務所に

連絡をしてくれた方がいて、

放置された場所がわかりました。

 

自宅からは遠い場所でしたが

十分に歩ける距離。

次女とてくてく歩いて

自転車を迎えに行きました。

昨日の日曜日のことです。

 

この間までの寒さが嘘のよう。

背中が少し汗ばむほどのポカポカ陽気。

空は、青く青く晴れ渡っていました。

 

iPhoneのナビを頼りに、連絡をもらった場所へ。

ところが番地の入力ミスに気づくまで、

来た道を行ったりもどったり……。

おかしいなぁ。ないねぇ…と

きょろきょろ歩くこと一時間ほど。

そこそこの運動量になりました。

 

通りがかった3つの公園は日曜日ということもあって、

家族連れや花見をしている人で、にぎやかでした。

 

どの公園も、満開の桜が

うす桃色の花びらをこぼしていました。

 

風に舞う花びらが、散りおちる下を

ときどき立ち止まっては、

次女とiPhoneで、写真を撮りました。

 

 

知らない道の知らない桜……。

こんなことでもなかったら、出会えなかった桜の木々たち。

 

「今日は、お花見行脚だね」

そんなことを言いながら、たっぷりの距離を歩いたのです。

 

いいお天気で、ホント良かった。。。

 

自転車が放置されていたのは、見知らぬ小さなお寺の近く。

車は通れない、細くゆるやかな坂道のはじっこで、

迷子になって途方にくれたように、

自転車は、停められていました。

 

あたりは、古くからの家々が立ち並んでいました。

静かな落ち着いた住宅街ですが、

最寄駅からは、結構な距離があります。

 

そのあたりに住んでいる誰かさんは

駅から近い、うちのマンションを通り抜けたとき、

歩いて帰るのが、おっくうになって

数え切れないほどにある自転車の中から、

わが家の自転車を選んだ……?のです。

 

お酒でも呑んでて、しんどかったんちゃう?

あきれて笑いながら言った、次女の憶測。。。

そうかもねぇ…酔ってここまで歩きたくはないよね。

わたしも笑って、うなづいたのでした。

 

不思議とふたりとも、

腹は、立たなかったのです。。。

 

まあ…なんといっても、

わが家を離れ、ふたり暮らしをしている

長女の自転車でもありましたし…(笑)

 

それから。

 

マンションの自転車置き場は、抽選で決まったのですが、

家族みな、停める場所がバラバラで

管理事務所から電話があるまで

自転車がなくなっていることに

気づいていませんでした。。。

 

実のところ…そうだったんです。。。(笑²)

 

自転車を一台おして

さらわれた自転車を迎えに行ったので、

帰り道は、もう歩く必要はありません。。。

気持ちのいい春風をほほにあびて

ふたりして、サイクリング気分を味わいました。

 

ペダルを踏みながら、

ふと、学生時代に観た映画を思い出していました。

白黒のイタリア映画『自転車泥棒』です。

あの映画は、やりきれなくて哀しかったなぁ…と。

 

だから……。

 

こんな平和であたたかな春の日の

酔っぱらってたのかどうかの泥棒さんのことは、

許してあげなくちゃ……。

 

次女とふたりのお花見行脚……。

 

楽しかったことだし。。。

 

 

f:id:green888:20190408044014j:plain

♡ 次女がiPhoneで撮った写真 ♡



 

 

 

ご訪問ありがとうございました。。。♪